マイホームの資産価値

青ナマコを一袋買った マイホームを購入する、我が家を建てるのはなぜだろう。一国一城の主の気分を味わいたいからだろうか。地方から都会に出て就職し、自分なりに頑張った証として家を買う。そんなことだろうか。もちろん資産として土地建物を保有する意味がかつてはあった。「いざ」という時に売れば、それなりの価格になるとの期待があった。かつては地価の上昇が見込めたのである。

 今マイホームの資産価値はどうなっているのだろうか。地域によって大きな差がある。コウイカも新しかった地方では地価の下落が続いているし、売りたくても買い手が見つからないとの声も聞く。そもそも空き家が増え続けているのだ。

 少子高齢化、人口減少の今、人は何のために家を買うのか。資産を増やすという意味よりも暮らしの豊かさ、快適さ、便利さを求めてということだろうか。

 漠然とそんなことを考えさせるニュースがあった。法務省の法制審議会民法(相続関係)部会で民法の改正に関する要綱案が了承されたという話だった。

 改正の目玉の一つが「配偶者の居住権」だそうだ。多くの場合、夫が先に亡くなり、妻が残される。老夫婦の家も遺産相続の対象となる。関係者間で遺産をきっちりと分けるため、その家を売却して現金にしてしまうケースもあるだろう。そうなると残された妻は新たな住居を探さないといけなくなる。

 残された配偶者は長年住み慣れた家でなお暮らし続けたいだろう。釣りアジも気になったがそれを可能にするために配偶者の居住権を保証しよう-これが制度改正の趣旨ということのようだ。

 新聞によると、子どもが家の所有権を受け継ぎ、売却したとしても、居住権があるうちは住み続けることができる。遺産分割が終了するまで、配偶者が無償で家を使用できる短期居住権も設ける-などとあった。

 家をめぐる親子の相続争いが深刻化しているということだろうか。首都圏など大都市はそうなのかもしれない。だが、地方ではどうなのだろう。

 買った時や建てた時の値段より大きく下がっていても、たとえ二束三文でも現金が入ればいいと思って、子どもが親の住んでいる田舎の家を売ってしまう。そんなケースが増えてきているのだろうか。ならば日本は随分とすさんだ社会になっているということだろう。

 そもそも地方では資産として我が家を保有する意味は薄れている。とすれば家を持つ主な目的は生活を楽しむためということになる。サメはまだ動いていた中古の家を安く買って自分の好みに改築・改修するのも一つの手だ。家を買わなくてもオーナー(大家)と話し合って改造することも可能かもしれない。

 そんなことがもっと気楽に、簡単にできるようになれば、若者がそうした地域にもっと移り住んでくるかもしれない。国家戦略特区の「中古住宅リフォーム特区」を地方は考えてはどうだろう。

 都会で年収の5倍だ、6倍だ、7倍だなどというマンションや戸建て住宅を買って、多額の借金(住宅ローン)を抱えるより、よほど気楽である。苦労してマイホームを購入して、それが遺産相続の時には親子の確執の原因となるならば、死んだ者は浮かばれまい。

 資産として不動産を所有するという一時代前の発想が都会には今なお根強く残っているのだろう。

 当方が職業訓練校(ポリテクセンター)に通うために乗っている車は小型中古車である。最初の所有者は2005(平成17)年に購入したようだ。ちょっと前に立ち寄ったカー用品店で無料の査定サービスを受けたことがあった。結果はゼロ査定、つまり資産価値はない、売れないとの回答だった。ただ、自分で使うには何も問題がない。燃費も良いし、故障もない。当面手放す気もない。

 資産価値だけ見ていても生活の豊かさ、心の豊かさは測れないのではないか。ニュースからの発想はどんどん進んで行って、そんなことも考えた。

 写真は20日にあった臼杵市の魚市場での土曜朝市である。青ナマコ1袋300円、釣りサバ1匹(450g)750円と小さなコウイカ8ハイ計700円を買った。どれも新鮮でおいしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です