手直しを今日も重ねて

強い風とともに粉雪が舞った大分市 「ゴーッ」という音とともに教室の窓を風がたたく。ポリテクセンター大分の建築CAD/リフォーム技術科では、3次元の住宅デザインソフト「マイホームデザイナー」の使い方の説明が一通り終わり、自分たちが設計した木造2階建て住宅(マイプラン)を描いてみることになった。26日までに家の内装や外装に加え、フェンスなど外構も整えた立体図を完成させることになっている。

 早い人はどんどん先を行っている。こちらは24日の訓練終了後も居残って、自分で考えた住宅の修正を重ねた。

 最初に描いた平面図を見直す。ポイントは柱。南側の6畳和室に柱と壁を加える。押し入れの位置も変えて1階の柱の配置も変わった。結果、2階の配置図にも変更を加えないといけない。柱や壁のバランスを良くしようと思ったのだが、今度は柱が増えすぎた。一からやり直す時間はない。微調整しかないのだが、なかなか満足いくやり方が見つからない。