明野団地が生まれた頃

緑町、西町と宅地造成が続いた 明野地域で大規模な宅地造成が始まったのは1965(昭和40)年。第一工区は緑町だった-。明野団地開発50周年記念で発行された「明野のあゆみ」に年表がある。それに沿って明野地域の開発の歴史を見ていこう。2年後に県営住宅・分譲住宅200戸余りが完成し、住民の入居が始まった。そして、この年に第二工区(西町)の造成が始まり、翌68(同43)年には第三工区(北町、元町)、第四工区(東町、旭町、南町)の造成に着手。大分臨海工業地帯に進出した企業の社宅用地として発展していく。

 「明野のあゆみ」には71(同46)年に名古屋から大分にやってきた主婦の話がある。「明野団地は毎日毎日が民族の大移動で、室蘭、釜石、東京、名古屋からの転入者で、日に日に一大団地へと膨れ上がっていった」と当時を振り返る。

 海岸部の埋め立て地に進出したのは九州石油、昭和電工、富士製鉄(現新日本製鉄)といった大企業だった。大手の相次ぐ進出の背景には地元の熱心な誘致運動とともに国の産業政策があった。 続きを読む 明野団地が生まれた頃