よそゆきのうすき朝市

りっぱなタチウオが売られていた 月は随分と欠けてきたし、風も収まっているようだ。まずまずの気象条件で、そこそこの漁はあったのではないかと期待して臼杵市の臼杵魚市場に出かけてみた。毎週土曜日は「うすき海鮮朝市」が開かれる。行ってみると、売り台にりっぱなタチウオが置かれている。他にもハマチ、エソ、イトヨリ、クロ(メジナ)、チダイ、ホゴ(カサゴ)、カマガリにサワラ、レースケ(クロアナゴ)、サメなどが見える。コウイカに加えてタコも出ている。

 これは随分と漁があったのだなと思い、品定めを始めたが、どうも普段の朝市と少し様子が違う。いつもより少しおめかしをして「よそ行きの顔」をしている感じなのだ。後で話を聞いて、その理由が分かった。 続きを読む よそゆきのうすき朝市