毘沙門橋の由来を探る

赤く塗られた橋に「毘沙門橋」の文字が 大分市内で、歩いて巡れるような七福神の参拝コースがないかと思い、調べてみたことは以前の日誌に書いた。最初に1月4日付「七福神巡りもクルマで」で書いて、1月8日付の日誌では大分県立図書館に参考資料を探しに行ったことも報告した。その時は資料を見つけることができなかったが、18日は県立図書館にあった「大分市史」の中に記述があるのを見つけた。

 1915(大正4)年3月発行の「大分市史」には「毘沙門社」の見出しで、1956(昭和31)年3月発行の「大分市史」には「毘沙門堂(日蓮宗)」の見出しで、それぞれ短い説明がある。

 七福神に関する手掛かりはまだわずかだが、地道に掘り起こしていけば少しずつ出てくるかもしれない。ちなみに56年の大分市史の説明には「豊府聞書」が引用されている。これは元禄11年(1698年)に戸倉貞則という人物が書いたものだそうだ。ただ、この「戸倉某」なる人物が何者かは分かっていないのだという。 続きを読む 毘沙門橋の由来を探る