忘れられた?豊府聞書

図書館で借りた豊府聞書 1956(昭和31)年の「大分市史」に引用された「豊府聞書」は大分県立図書館にあった。大分市史を読んだ経緯は2月18日付日誌「毘沙門橋の由来を探る」で書いた。改めて図書館に豊府聞書を探しに行くと、その書棚には「豊府紀聞」という冊子もあった。豊府聞書の表紙には「元禄十一年戸倉貞則作」とある。一方、「豊府紀聞」の表紙には「市場直次郎、十時英司氏編集」とある。似たようなタイトルだからと二つを手に取ってパラパラめくると、ほぼ同じ内容のようだ。そして、最後のページを見ると、どちらにも福岡市在住の「日名子健二」という名前があった。両方とも日名子氏が個人的に出版したようだ。

 日名子氏による豊府紀聞の発行は2008(平成20)年5月、豊府聞書は09(同21)年1月とある。わりと最近のものだが、復刻した人が福岡在住なのはなぜだろう。大分では江戸時代の古文書である「豊後聞書」を研究する人がいないからか。豊後聞書は地元では忘れ去られた文書なのか。漢文だらけの資料を見ながら、疑問が浮かんできた。 続きを読む 忘れられた?豊府聞書