2016年11月のタイトル

    日付/タイトル      備考
1日
 ふれあいトーク第1弾
佐伯市長が市内各地の住民と行う懇談会に同行した
2日
 迷路のような道と街
まちづくり優秀賞を受賞した県建築士会臼杵支部を取材
3日
 賑わいが賑わいを呼ぶ
JR大分駅周辺で生まれた賑わいが新たな開発を誘う
4日
 臼杵市長選4人名乗り
前副市長が出馬を表明して現職を含め4人が選挙戦に
5日
 うすき竹宵を見に行く
取材を兼ねて「うすき竹宵」に行くと予想以上の混雑で
6日
 田舎には田舎の楽しみ
直川まるごと市場の餅まき後に本匠のかかし祭を見に
7日
 市史に見る突きん棒漁
風成地区の突きん棒漁について臼杵市史を調べてみた
8日
 伝わらない行政の情報
佐伯市長のふれあいトーク第2弾。会場で感じたことは
9日
 空き家対策を勉強する
山形県鶴岡市や東京都奥多摩町などは独自の試みも
10日
 農家民泊はどうだろう
佐伯市宇目の魅力を生かす農家民泊を進めてはどうか
11日
 事故はないはずだった
避難訓練は大切だが、そもそも問題は原発安全神話に
12日
 保戸島で市長と懇談会
高齢者と猫の島という保戸島の将来には何が必要か
13日
 カジキマグロの試食会
臼杵の海鮮朝市で解体後のカジキマグロを試食してみた
14日
 ごまだしア・ラ・モード
ごまだしの新たな商品開発をする鶴見の女性グループ
15日
 大学誘致はできないか
少子化に悩む地方都市に大学とは常識外れに思えるが
16日
 ふるさと納税で鮪一本
津久見市は地元産の養殖クロマグロを寄付の返礼品に
17日
 色づきはどれくらいに
佐伯市観光協会のFacebookで最新の紅葉情報を見た
18日
 学校給食は地産地消で
佐伯小の地産地消の取り組みがコンテストで認められた
19日
 久しぶりに人が戻った
「B-1」で佐伯市中心部の商店街には久々の賑わいが
20日
 思い返せば7カ月前
この日誌でB-1初登場は4月1日。その話題もここまで
21日
 猪熊弦一郎が愛した町
妻が佐伯出身だった猪熊画伯の作品展の仕掛け人とは
22日
 児童の工場見学に同行
津久見市のセメント工場を見学する小6生に同行した
23日
 白馬渓ウォークに参加
紅葉で知られる臼杵の白馬渓を目的地とした歩こう会が
24日
 パソコン持って大入島へ
市長との意見交換で大入島小の休校・廃校問題も出た
25日
 茶の間もサロンもある
茶の間もサロンも高齢者の健康維持のための事業だが
26日
 祖母傾・大崩エコパーク
ユネスコエコパーク登録で大分、宮崎両県がシンポ開催
27日
 猪熊画伯 私の履歴書
図書館で借りた「私の履歴書」で猪熊氏の来し方を知る
28日
 ふれあいトーク最終日
1カ月間の佐伯市長と市民との意見交換を見た感想は
29日
 日本一の早出しビワは
佐伯市丸市尾浦で放棄されたハウスに残るビワを見た
30日
 対策本部の移転訓練
老朽化した津久見市庁舎が地震と津波で使えなくなれば