6月のタイトル

   日付/タイトル       備考
1日
 定住支援員と集落支援員
臼杵市が定住支援員1人を配置。それは何かと調べると
2日
 道の駅復活作戦その後
道の駅の「かまえ」「宇目」はともに頑張った結果が出た
3日
 電車と駅と立ち飲みと
上臼杵駅と下ノ江駅で同時開催の酒場を電車ではしご
4日
 ビワの実はすずなりに
道路沿いにあるビワの木はどれも豊作でオレンジ色に
5日
 もし自分が農業者なら
農業競争力強化支援法の説明会がネットで中継された
6日
 認知症と免許と悲哀と
認知症サポート医などの会議で運転免許の返納問題が
7日
 協力隊の初任者研修
県内全域の地域おこし協力隊の研修が県庁で開かれた
8日
 保戸島のマグロ船出港
12年ぶりに誕生した漁業後継者の出漁を島民が見送る
9日
 海事産業の人材確保策
造船、漁業も人手不足。外国人の比重も高くなる中で
10日
 はざこの次はへつぎに
地域おこし協力隊員が企画した一日料理教室第2弾が
11日
 第二、第三の嘉風を探せ
佐伯市出身力士の嘉風による子供相撲教室が開かれた
12日
 大手前開発計画の今は
佐伯市中心部の再開発計画に市民のアイデア求めて
13日
 ミスと聞くとほろ苦く
臼杵市役所で徴税事務のミスが。人のことは言えないが
14日
 ビーチクリーン大作戦
大分、臼杵、佐伯3市で行う催しを主催NPO代表に聞く
15日
 290円の傾山カレー
祖母・傾・大崩エコパーク登録記念で道の駅宇目が販売
16日
 地域ケア会議とは何か
津久見市で大分県のモデル事業の実施で打ち合わせを
17日
 臼杵の夕涼み市始まる
臼杵市の八町大路で7月半ばまで土曜夜市が開かれる
18日
 我が事丸ごと共生社会
厚労省が掲げた我が事・丸ごと地域共生社会とは何か
19日
 タバコ畑と見慣れぬ獣
臼杵石仏横のハス畑から佐伯に帰る途中で見たものは
20日
 つくみイルカサミット
津久見市で研究者や水族館館長が集まった会合を開催
21日
 ブーゲンビリア咲く店
震度5強の地震の影響があるかと佐伯市海岸部を回る
22日
 弥生でみそ・サミット
森、川、海に関わる佐伯市内の市民団体の交流会が
23日
 国木田独歩の作品朗読
独歩の命日に独歩の作品朗読とフルート演奏でしのんだ
24日
 高知のノーリフト宣言
高知では県が音頭を取って抱え上げない介護の導入を
25日
 雨の合間の鮎釣り大会
雨が降って中止かと思った番匠川の大会が開催されて
26日
 ノーリフト宣言その②
高知県庁に電話して現状や他の自治体の動きを聞いた
27日
 午前中だけバタバタと
午前中に取材が重なる。中で造船業界の話が興味深く
28日
 一等地を市が買うの?
JR大分駅前の土地購入に大分市が名乗りと聞いて驚く
29日
 外国人観光客を増やす
7月13日に大分空港で外国人旅行者向けの新商品PR
30日
 カブトムシ売ります!!
佐伯市直川から宇目に向かう道沿いにある看板を見ると