「石仏ねっと」ですか?

医療や介護の情報が「石仏カード」に集約されている 在宅医療の充実、医療と介護の連携と言っても、組織や職種の壁を越えて一つにまとまるのは、なかなか難しいだろう。だが、臼杵市ではうまくいっているらしいのだ。

 「臼杵市の『うすき石仏ねっと』が日本経営協会主催の『第8回協働まちづくり表彰』で準グランプリを受賞しました」。臼杵市役所からニュースリリースがあったので話を聞きにいくことにした。
続きを読む 「石仏ねっと」ですか?

広域避難、減災と空き家

 朝、ラジオを聞いていたら「広域避難」という言葉が聞こえた。各紙朝刊を読むと、避難所が足りない、食料が足りないと悲痛な叫びにあふれている。一方で17日の日誌で書いたが、空き家は多数ある。九州各県の空き家を避難に活用できないか。

 大分県内の空き家率は3年前の数字で約15%で、空き家は約9万戸あるという。九州の他県も状況は変わるまい。その1割、あるいは5%でも「一時避難所」として活用できれば、避難所不足は緩和されるのではないか。もちろん誰でも広域避難ができるわけではない。仕事や学校などの制約がある。

 でも、遠くなっても、見知らぬ土地でも体育館や学校で避難生活をするより「家」で暮らす方がいいという人もいるかもしれない。空き家も被災者の選択肢になるのではないか。

 例えば熊本県と福岡県、鹿児島県、大分県など隣県で協定を結んでおき、いざというときは「借り上げの一時避難所」として相互に空き家を利用できるような制度はつくれないのか。南海トラフの巨大地震が大分県や宮崎県を襲えば、多数の被災者が出るだろう。広域避難の仕組みが必要だろう。

 震災関連死を増やさないためにも、空き家など使える「資源」の活用を早急に検討し、仕組みを整えるべきではないか。

空き家、空き店舗と防災

佐伯-大分間の高速道路の通行止めが解除されたのは16日夜8時だった。 佐伯インターチェンジ(IC)と大分IC間の通行止めが解除されたと聞いて17日午後、佐伯ICからお隣の津久見ICまで高速道路を走ってみた。宮崎方面から大分方面に向かうクルマは結構あった。災害時の通行止めは致し方ないのだろうが、むしろ災害時こそ通行を確保してほしいとも思う。というのも、いざと言う時に高速道路以外に頼る手段がないような地域もあるからだ。
続きを読む 空き家、空き店舗と防災

今は備えるしかない

 「ANJIN サミット中止」の張り紙があった土日の16、17両日に予定されていた多くの行事が中止になった。三浦按針(ウイリアム・アダムス)にゆかりがある臼杵市など4市が交流を深める「ANJINサミット」もその一つだ。(三浦按針とリーフデ号については13、14日の日誌で紹介)。イベントの中止はあっても街の様子は普段通りだ。16日未明から午前中の緊張(昼前の緊急地震速報で「日向灘」という言葉が出た時には身構えたが、結果は誤りだった)が嘘のようだ。佐伯は平穏を取り戻したかに見える。
続きを読む 今は備えるしかない

佐伯でもはげしい揺れが。16日午前1時28分

 携帯電話が急に鳴った。緊急地震速報である。佐伯市もかなり揺れた。防災無線が聞こえる。1時29分も少し揺れがあった。1時31分も少し横揺れが。1時33分。「ただいま大きな地震がありました」「みなさん落ち着いて行動してください」「念のため余震に気を付けて下さい」。防災無線で佐伯市消防本部の放送があった。

 「有明海では津波が」とニュースが言う。熊本は大丈夫だろうか?

長靴、合羽、他には何を

臼杵川にアユを放流する子どもたち 左の写真を見てほしい。14日に子どもたちが臼杵川にアユを放流するというので、臼杵市に取材に出かけた。その時、撮った写真である。しかし、こんな写真が新聞の紙面に掲載されることはない。被写体は正面からが基本なのに、この写真には背中ばかりが写っている。なぜ、こんな間の抜けたことになったのか。川辺の取材だというのに長靴を持って行かなかったからだ。
続きを読む 長靴、合羽、他には何を

デ・リーフデ号-その②

 臼杵市民会館に飾られているデ・リーフデ号の模型 さて、13日に紹介した佐伯史談228号にあるデ・リーフデ号到着説を唱える研究者とは誰か。元練習帆船日本丸船長で元東京商船大学教授の橋本進氏だと228号に書いてある。日本旅客船協会(東京)が発行している会誌「旅客船」に掲載されているという。日本旅客船協会に電話で問い合わせると、「歴史探訪」「デ・リーフデ号、豊後に到着す-ウイリャム・アダムズ(三浦按針)の航海」と題した連載を電子メールで送っていただけることになった。
続きを読む デ・リーフデ号-その②

リーフデ号の「謎」とは

 デ・リーフデ号とは何か。1600(慶長5)年、豊後国臼杵(現大分県臼杵市)の海岸に1隻の外国船が漂着した。日本に最初に到着したオランダ船のデ・リーフデ号。400年余に及ぶ日本とオランダの交流はここから始まった-。これが一般的な説明だが、異議を唱える人がいる。何が違うのだろうか。

 デ・リーフデ号の少数の生存者の一人であるウイリアム・アダムズ(三浦按針)にゆかりの臼杵市で開かれるANJINサミットのポスター臼杵市と長崎県平戸市、静岡県伊東市、神奈川県横須賀市が持ち回りで「ANJINサミット」を開いてきた。今年は臼杵市が会場となり、16日午後1時半から臼杵市民会館で開催される。
続きを読む リーフデ号の「謎」とは