子どもたちは大忙し?

 学校行事の案内が支局に届くことが多い。12日も幾つかあった。自分の子どもの頃もこうだったろうか。今の子どもたちは自分の頃に比べて大忙しのようにも見える。地震と津波の発生の仕組みなどを聞く6年生 朝9時から津久見市上青江の青江小学校で大分県ジュニア防災リーダー育成のための「防災学習会」が開かれた。県防災対策室の主催である。大分県南の佐伯、津久見、臼杵3市は南海トラフ巨大地震に伴う津波被害が心配される。青江小でも万が一に備え、避難訓練を怠らない。 続きを読む 子どもたちは大忙し?

カンパチ・ブリのモツ

 東九州自動車道の蒲江インターチェンジ(IC)近くにあるカンパチとブリのモツ(内臓)が売られていた「かまえインターパーク海べの市」で「かんぱち・ぶりモツ」が売られていた。珍しいなと思ったので、写真を撮っていいかと店の人に聞くと「いい」という。店の表の生け簀にはタイや伊勢エビ、フグなども泳いでいたが、それには目もくれず、モツ(内臓)を写真に納めたのは、当然理由がある。 続きを読む カンパチ・ブリのモツ

開票作業は人海戦術

 10日夜は佐伯市の開票所に詰めることになった。参院大分選挙区の与野党候補の得票状況をいち早く報告するためだ。事前に会社から双眼鏡を渡された。双眼鏡を持っていったが、佐伯市の開票作業は順調で使う必要はなかった。市選管の公式発表前に、必要なら双眼鏡を使って両候補の票数を読むようにというわけだ。(佐伯市選管は1千票を一山にして並べていくので、それが幾つあるか見られれば得票数がおおよそ分かる)。実際は佐伯市の開票作業も順調で、ほぼ予定通りの時間に開票を終えた。
続きを読む 開票作業は人海戦術

下北沢でうすき暮らし

 臼杵市は大分県で「最も移住者の多い町」を目指している。だが、昨年度は豊後高田市と宇佐市の後塵を拝し、移住者数は3番目だった。臼杵市としてはもっと知名度を上げたい、魅力を伝えたい。そんなわけで「『うすき暮らし』情報発信事業」を始める。場所は「農民カフェ下北沢店」(東京都世田谷区北沢)。初回は7月11日から17日まで。なぜ、ここかというと、ひょんなことで臼杵との縁が生まれたからである。
続きを読む 下北沢でうすき暮らし

現場を支える女性たち

医療、介護、行政などの関係者が集まった臼杵市Z会議 臼杵市Z会議が7日夜、臼杵市医師会立コスモス病院大会議室で開かれた。「Z」はzaitaku(在宅)の略。もっと言えば在宅医療・介護連携推進事業のことである。

 4月18日付の佐伯支局長日誌「『石仏ねっと』ですか?」でコスモス病院を中心とした「プロジェクトZ」を紹介した。それと今回の会議はどうつながるのか。 続きを読む 現場を支える女性たち

お知らせ・索引をつくります

 日誌の本数が増えてきたので、整理する意味で索引をつくっています。

 ギャラリー・アーカイブスの下にある「日誌INDEX」がそれです。

なにぶん手作業なので、できあがるのに少々時間がかかりそうです。少し間を開けて見ていただければいいかと思います。

消防のドローンチーム

 臼杵消防本部のドローンチームがお披露目された「大分県下の消防本部で初めてとなる無人航空機(ドローン)隊・運用開始!!」。こんな見出しで5日に臼杵市消防本部から報道発表資料が配られた。4月に設けたドローンチーム7人が新聞・テレビ向けに操縦・飛行訓練を披露するという。その日時はというと「6日午前10時」。お知らせはもう少し早い方が良いと思うが……。 続きを読む 消防のドローンチーム

臼杵の生き物~おまつりカレンダー⑤

臼杵の人々の営みと生き物の関わりをテーマに企画展を開く歴史資料館 臼杵市歴史資料館で6日から企画展「いきものにまつわるエトセトラ~臼杵のひとといきものの関わり史」が始まる。5日に事前説明があるというので行ってみた。5世紀から現代につながる話を聞いたのだが、頭に残ったのはそれほど多くない。キーワードは「獲る」「使う」「祈る」。それに「イワシ」「クジラ」だそうだ。
続きを読む 臼杵の生き物~おまつりカレンダー⑤