コロダイ、コショウダイ

うすき海鮮朝市で買ったコロダイ  20日の「うすき海鮮朝市」で「コロダイ」を買った。コロダイと書いてあるが、コショウダイではないかと思った。帰ってインターネットで調べると、コショウダイをコロタイ、コロダイと呼ぶ地域があるとの記述があった。大分県はそうした地域なのかもしれない。そう思って21日、佐伯市米水津(よのうづ)の間越(はざこ)地区であった朝市「来(こ)だんせへ市」に行くと、コショウダイは「コショウダイ」と呼ばれていた。どうなっているのだろう。海鮮朝市での表記が間違っていたのか、臼杵では「コロダイ」と呼ぶのか。はたまたこちらの勘違いか。 続きを読む コロダイ、コショウダイ

岩ガキまつりの案内が

大入島産の岩ガキは見たが 「日豊海岸岩ガキまつり2017」開催について-。11日に1枚の資料がFAXで届いた。差出人は佐伯市観光協会。5月30日に試食会を兼ねた記者発表を行うので出欠を確認したいとのことだった。そういえば、昨年もその頃に試食会があった(2016年5月30日付佐伯支局長日誌「一宿一飯の恩義あり」)。今年は岩ガキの成育が遅いとの声を耳にしたし、岩ガキに関してはもう一つ気になるうわさがあった。そこで大分県農林水産部漁業管理課に電話して事実を確認することにした。 続きを読む 岩ガキまつりの案内が

ふぐ供養祭で思うこと

この時期に恒例行事となったふぐ供養祭 臼杵市の臼杵魚市場近くで「ふぐ供養祭」が行われた。秋から冬、春とフグのシーズンが一区切りついたこの時期の恒例行事となっているようだ。臼杵を代表する料理といえば「ふぐ」なのだが、では臼杵市内で年間どれくらいの量が食べられているのだろうか。はっきりとした数字はないようだ。臼杵魚市場でトラフグが競りにかけられるのは何回か見たが、その後どこに行ったかは分からない。フグもいいけど、なかなか口にする機会がない。フグに感謝と哀悼の念を表す式もどこか縁遠く感じるのも仕方がない。 続きを読む ふぐ供養祭で思うこと

大分の地酒・焼酎展示館

大分市にあった地酒・焼酎展示館 大分市中心部の商店街に「おおいた地酒・焼酎展示館」と書かれた施設があった。7日午前中に通りかかった時は閉まっていた。ガラスに貼られた「本日プレオープン」の案内を見ると、午後1時から5時までとある。改めて午後に足を運ぶと、1回100円の試飲が行われていた立ち飲みで「1銘柄1回100円」の試飲を楽しんでいる人たちがいた。案内のチラシには「大分県内33の蔵元が丹精込めて醸しあげた日本酒と焼酎152銘柄、約400本を展示している」と説明がある。そこには、たまに買う「ぶんご銘醸」(佐伯市)の純米酒「佐伯飛翔」もあった。 続きを読む 大分の地酒・焼酎展示館

臼杵魚市場の魚類図鑑

小さめのブリがすらりと並んでいた 2週間ぶりの「うすき海鮮朝市」である。臼杵市の臼杵魚市場には珍しく外国人観光客が見物に来ていた。いつものように競りの様子を写真に納めていると、釣られるようにスマホで撮影を始めた。その後、一行は市場隣りの食堂で海鮮丼などを楽しんだようだ。小さい市場だからちょっと見るのにいい。さて、この日は小ぶりのブリが目を引いた。去年の今頃、こんなにブリがあっただろうか。チェックしてみた。 続きを読む 臼杵魚市場の魚類図鑑

食フェス会場が二つに

サーラ・デ・うすきで細枝神楽が 「もう少し規模を大きくしてもいいのではないか」。昨年のうすき食フェスの第一印象をこう書いた(2016年5月3日付佐伯支局長日誌「うすき食フェスの初日」)。今年は臼杵市観光交流プラザに加えて近くのサーラ・デ・うすきも会場となった。サーラ・デ・うすきには中庭がある。ここで神楽が行われ、餅をついての無料配布も。商店街にはツバメも姿を見せ「ゆっくり、ゆったり臼杵時間」というキャッチフレーズに近づいた感じだった。 続きを読む 食フェス会場が二つに

魚に纏わるエトセトラ

ますの寿司のランチちらし寿司 「来だんせへ市15年目!!記念祭」。1枚の資料の投げ込みがあった。この日誌でも度々紹介してきた佐伯市米水津(よのうづ)間越(はざこ)の朝市が15年目となるので事前PRと取材をとの話である。間越の朝市は第3日曜日に開かれるから今月は21日となる。今日は最近佐伯市内で見たり、聞いたり、味わったりした魚に纏(まつ)わるエトセトラを。写真は蒲江浦にある「ますの寿司」のランチで出しているちらし寿司(1000円)である。 続きを読む 魚に纏わるエトセトラ

道の駅かまえ復活作戦

2日間限定で千円になる海鮮丼 「道の駅かまえ」からFAXが届いた。「GWはかまえにGO!」「海鮮丼祭り」と書いてある。4月29日と30日は道の駅かまえの「レストラン海鳴り亭」で通常1380円で提供する海鮮丼を1000円で販売する。5月3日から6日の4日間はテークアウトコーナーで1000円の海鮮丼を売り出すというニュースリリースだった。道の駅かまえは苦境にある。その中でお客を取り戻そうと駅長以下知恵を絞っている。 続きを読む 道の駅かまえ復活作戦